企画住宅カーサキューブ

いま必要な家。

いままでにない発想がある。
いままでにないカタチをしている。
でも、いま住宅に必要なことのすべてがある。
CASA CUBEから、都市住宅の常識が変わります。

四角四面の家が、四角四面の常識を変える。

地震に強い家は、四角い。

木材と木材は、垂直につながるのがいちばん強いんです。
CASA CUBEは、見た目で分かるように真四角の組み合わせでできた家。
大きな揺れにも、小さな損傷にも負けない理想的なカタチです。

空間に無駄のない家は、四角い。

家の中の空間は、でこぼしてない、スッキリとした真四角。
家具もピタッとおさまるし、デッドスペースが生まれにくい設計。
白いキャンバスに向かうように、空間の演出も自由自在です。

柔軟に間取りを変えられる家は、四角い。

子供が大きくなったり、ライフスタイルが変わったり。
そんなとき、四角い家なら間取りの変更もらくらく。
カンタンなパズルを組み合わせるようにぴったりなフォームができます。

窓からはいってくるのは、光と風だけでいい。他人の視線は入ってほしくない。

マンションの家は、カーテンの見本市

街を歩きながら、家やマンションの窓を見上げる。
多くの部屋は、カーテンが固く閉ざされている。
都会の窓は、カーテンを並べたショーウインドウになっている。でも仕方ない。
自分がいないときに窓からプライベートを覗かれてしますのは、まったくいただけない。
部屋の中にいるときも、換気のためにちょっと窓を開けた後は、すぐにカーテンを閉めてしまう。

知らない人にも、入ってきてほしくない。

犯罪の玄関口は、玄関ではなかった。

ピッキング予防にと、家の鍵を替えた。
でも、単に玄関が安全になっただけにすぎない。
犯罪者の誰もが、ご丁寧に玄関から入ってくるとしたらとてもお人好しな方々ということになる。
犯罪の多くは、窓からの侵入によって起きている。ひ弱な鍵。薄いガラス。
しかも、家の中の様子を感じ取ることも。
夜、ふと窓の方に目をやると、ちょっとゾクっとする。

冷気が忍び込むのも、温かさが逃げるのもイヤ。

すきま風よりも、お寒い話。

いまどき、隙間風がびゅーびゅー吹いているような住まいは少ない。だけど寒い日は部屋を閉め切っていても、どこから侵入したのか床の上を寒気が這ってくるのを感じる。
最新型のサッシであっても、窓ガラスはやはり薄い。
風は防げても、冷気はしっかり窓を伝わって部屋の中を這い回る。しかたなく、暖房を全開にして冷気を迎え撃つ

家は、一生の財産。でも人生ではない。

のびのびとした空間の代償に手にしたのはキュークツな生活?

夢を実現した日から絶望が始まる。
そんな皮肉なことが起きるのが日本の住宅事情です。
せっかく家族の幸せのために家を建てても、多大なローンでいろんな辛抱を強いられるなんてナンセンス。かといって、ローンを抑えるためにガマンしながら新しい住まいを考えても、満足できないモヤモヤや窮屈な思いが一生続くことになりかねません。
心から快適な家で暮らしながら、新しい夢を描いていける家でなければ長い人生の中で家を建てる意味なんてありません。

住宅のコストは、人と時間のコストです。

家は高くて当たり前。
だって、クルマの何倍も大きいし・・・なんて思っていませんか?
家を高くしているのは木材やコンクリートではありません。
家が建つまで、数ヶ月ぶんの人件費です。
CASA CUBEなら、規格住宅ですから何度も何度も面倒な打ち合わせを重ねる必要はありません。
工期も約1ヶ月。優秀な職人さんが担当しますが人件費も当然安く抑えられます。
㈱ ミナガワ建設
〒992-1202
山形県米沢市大字三沢1447
TEL.0238-27-1171
FAX.0238-27-1172

──────────────
■業務内容
1.新築
2.リフォーム
3.住宅設計
4.総合建設
──────────────
■免許・資格
・山形県知事許可
 (般-23)第500901号
・宅地建物取引責任者
 登録(山形)第002984号
・二級建築士 第7997号
・二級建築士事務所 第2822号
──────────────