本文へ移動

今日の現場の様子

今日の現場レポート

祝!!上棟式

2012-10-10
昨日、矢来の新築現場で上棟式を無事に開催いたしました
 
さららハウスの上棟式コーナーもサイドメニューで作りましたので是非ご覧ください
 
上棟するとよく現場で見受けるのが『五色の旗』『吹き流し』ともいいます。
これにもちゃんとした意味があるんです。
五色の布は、御神前の威儀具として設けられる真榊や、上棟祭の折、屋根の上に付けられる吹き流し、また、神輿渡御の行列の五色旗などさまざまなものに用いられています。 古くは『延喜式』に神前に供える幣物として「五色幣の料の絹」「五色の帛」「五色物」とあり、五色の幣帛が祭料として欠かせぬものであったことが窺えます。これは今日でも変わらず、宮中から勅祭社に奉献される幣帛は五色の布帛であり、神前に供える御幣も白色の他、五色のものが用いられています。
 この五色とは、古代中国に成立した五行説(ごぎょうせつ)に基づくもので、我が国にも受容されました。この説は宇宙間の森羅万象を、五元素である「木・火・土・金水」の行い(作用)により具象化されたものとして捉えます。この五元素は、色彩の他、方位や季節、時間、十干、十二支、惑星、内蔵、人間精神などさまざまな事象に当てはめられています。ですから五色は天地万物を組成している五つの要素の象徴であり、宇宙そのものを表したものということができます。
 具体的に「木・火土・金・水」を色彩で表すと、「青・赤・黄・白・黒」の順序となり、方位では「東・南・中央・西・北」を示すので、「土=黄=中央」が最も尊貴であるとも考えられています。また、神社の殿内装飾として用いられる四神旗(しじんき)に描かれている四方位の霊獣も、それぞれ五行に配されており、貴き中央を除き、「東=青龍」「南=朱雀」「西=白虎」「北=玄武」となっています。
 現在、真榊や五色旗に用いられている五色布は、真榊の場合は両端より中心に向かって、緑(青の代用)・黄・赤・白・紫(黒の代用)の色の順序に、上棟祭の吹き流しで一列に並べる場合は、東方より緑・黄・赤・白・紫の順に並べるのが通例となっており、色や順序が多少異なりますが、意味には相違がないことと思われます。
 
おばあちゃんに聞いた話だと、この旗を使って妊婦さんの腹帯にしていたとも聞いたことがあります。

耐力壁

2012-10-09

家の外周に耐力壁を張っている所です

土台取付けの剛床と同じで、地震の時など建物の捻じれなどを防ぎます

 

さてさて今日は矢来の現場の上棟式があります

是非皆様のお越しをお待ちしています!

さららハウスの建築行事に欠かせないさららハウスの上棟式!

お餅まきもいたします。お餅まきは午後4時30分ごろからです。

皆さんで、お施主様のご繁栄をお祈りしてくださいね

柱と桁の接合部

2012-10-09
柱と桁(ケタ)の接合部分を強力なものにするために金具が取り付けられます。
※桁とは…
柱が縦に組まれる木材ならば、桁は横に組まれる木材です

白アリ対策

2012-10-09
矢来の現場です
 
白アリ対策のために、薬剤を塗布しています

ルーフィング工事

2012-10-08
板金屋さんが屋根にルーフィング(防水シート)を施します
㈱ ミナガワ建設
〒992-1202
山形県米沢市大字三沢1447
TEL.0238-27-1171
FAX.0238-27-1172

──────────────
■業務内容
1.新築
2.リフォーム
3.住宅設計
4.総合建設
5.不動産仲介
──────────────
■免許・資格
・山形県知事許可
 (般-26)第500901号
・宅地建物取引責任者
 登録(山形)第002984号
・不動産業
 山形県知事(1)第2571号
・二級建築士 第7997号
・二級建築士事務所 第2822号
──────────────
1
4
5
8
9
7