本文へ移動

WBHOUSE(WB工法)

 深呼吸したくなる家

 WB HOUSEの特徴(まとめ)

・透湿壁による家の自然な呼吸
 
・常に通気層を通して、湿気・臭い・化学物質を排出
 
・季節に対応して、暑さ,寒さの自然なコントロール
 
・夏は涼しく、冬は暖かい
 
・冷暖房費を節約

大切なのは、通気と透過。

湿気や化学物質が室内にこもってしまう窒息気密住宅は、住む人の健康をむしばみます。人の健康を守るには、家の通気性と、湿気や化学物質をこもらせないことが必要です。WB HOUSE(通気断熱WB工法)は自然な通気と透過チカラで、湿気や化学物質の心配がありません。住む人と一緒に心地いい暮らしを生み出していく健康住宅。それが、WB HOUSE(通気断熱WB工法)です。

1.
  家が呼吸のできる構造とする。
2.
  壁材には湿気を通す素材を選ぶ。
3.
  二重通気とし、通気層と主断熱を区分する。
4.
  外壁層には木影の原理、内壁層には呼吸する重ね着の原理
5.
  冬の冷え込みは、内壁層の空気の対流が原理なので、その空気を静止できること。
6.
  夏は、断熱材が蓄熱材とならない素材を選ぶ。
7.
  地熱の有効利用は省エネのポイント。
8.
  適度な自然の湿度は、酸素と同様に大切なもの。
9.
  呼吸しない高気密は、浪エネと万病のもと。
10.
  家全体の気流計画をしっかりプランする。

 

資料請求

ミナガワ建設のさららハウス資料請求
TOPへ戻る