本文へ移動

さららハウスの上棟式

上棟式

上棟式とはお施主様の主催により、工事関係者を慰労し、これからの無事と完成までの順調な進行を願い木造建物の建設工程において、棟木を上げる時に行う儀式です。大体は大安吉日の日に行います。
 
地鎮祭同様、神様に対して行われる祭儀なのですが、地鎮祭がその土地の神様に対してなされます。上棟式は建築の神様に対してなされるものです。とはいっても、上棟式は神主様を頼まずに行うことがほとんどです。
今はRC構造の建物や棟木を上げる工程のない住宅もあり、地鎮祭以上に割愛されがちな上棟式ではありますが、さららハウスは違います
さららハウスは古来の日本の伝統的在来工法に従ってなおかつ住むお施主様の健康を守るべくWB工法において、「構造材が完成したこと」要は、危険な作業を無事に完了することができたことに対し、神様や職人さんに感謝を表すことが目的の上棟式です。
そしてお施主様、職人さん。業者さんたちと共に食事をとったり、お施主様の大切な住まいを作ってくれる人の顔を覚えてもらったり信頼関係やコミュニケーションをとったりすることで、より住まいに愛着を持っていただけたらと考えています。
 
お金もかかり面倒だからと言って敬遠せず、たとえお金をかけずとも、形はどんなものであれこのような機会を持ちたいものですね。

さららハウス名物 上棟式

上棟式の祭壇です

米沢市 窪田地区新築現場 上棟式の様子

これまでの工事の安全に感謝し、ここからの工事が円滑に無事に進むよう祈念しました。
棟梁が祭壇に祈念、礼拝します。
家の四隅に塩、酒、米を撒きます。
お施主様より工事に携わるヒトすべての方を労っていただきました。
これに感謝し、ここからの工事を頑張ります。
天気にも恵まれ、
『お餅まき』も開催しました。
お施主様のご親戚の方や、ご近所のたくさんの方々にも
ご参加いただいて、皆さんでお祝いすることができました!
上棟式を無事に開催し、
私どもはここから更に、完成に向けて頑張っていく所存です。

米沢市 竹井新築現場 上棟式の様子

これまでの工事の安全に感謝し、ここからの工事が円滑に無事に進むよう祈念しました。
棟梁が祭壇に祈念、礼拝します。
家の四隅に塩、酒、米を撒きます。
お施主様も祭壇に祈念します。
お施主様より工事に携わるヒトすべての方を労っていただきました。
これに感謝し、ここからの工事を頑張ります。
あいにくの雪の天気となりましたが、上棟式を開催し、ここから完成に向けて頑張ります。

平成28年11月19日米沢市 笹野 新築現場で上棟式を開催しました!

祭場清めの儀

東西南北の角を棟梁が塩でお浄めします

お祓い・降神の儀

棟梁が祭壇に向かいお祓いをします。
そのあと礼拝を行い、お神酒が開栓されます。

四方固め・謡三大の儀

東西南北中央のそれぞれに酒・米・塩を三度散じます。
そのあと出席者全員で謡三大を唄います

礼拝の儀

東西南北、祭壇の順に棟梁の掛け声で全員一斉に礼拝します

昇神・供え物下げの儀

再び祭壇の前で棟梁が礼拝を行い、お施主様そのご家族、ご親戚の健康と繁栄をまた、工事関係者の無事をお祈りし、出席者全員でお神酒を頂きます

さららハウス名物『お餅まき』

このあと、ご近所、ご近隣の皆様にもご参加いただき、お餅まきを開催します。
毎回たくさんの方々にお施主様へのお祝いに参加していただき、かなり珍しくなってしまったお餅まきをみんなに喜んでもらっています

平成28年9月28日川西町 洲島 新築現場で上棟式を開催しました!

祭場清めの儀

東西南北の角を棟梁が塩でお浄めします

お祓い・降神の儀

棟梁が祭壇に向かいお祓いをします。
そのあと礼拝を行い、お神酒が開栓されます。

祝辞奏上

お施主様が礼拝し、祝辞を奏上します

四方固め・謡三大の儀

東西南北中央のそれぞれに酒・米・塩を三度散じます。
そのあと出席者全員で謡三大を唄います

礼拝の儀

東西南北、祭壇の順に棟梁の掛け声で全員一斉に礼拝します

昇神・供え物下げの儀

再び祭壇の前で棟梁が礼拝を行い、お施主様そのご家族、ご親戚の健康と繁栄をまた、工事関係者の無事をお祈りし、出席者全員でお神酒を頂きます

さららハウス名物『お餅まき』

このあと、ご近所、ご近隣の皆様にもご参加いただき、お餅まきを開催します。
毎回たくさんの方々にお施主様へのお祝いに参加していただき、かなり珍しくなってしまったお餅まきをみんなに喜んでもらっています

平成28年4月26日 米沢市 御廟新築現場で上棟式を開催しました!

祭場清めの儀

東西南北の角を棟梁が塩でお浄めします

お祓い・降神の儀

棟梁が祭壇に向かいお祓いをします。
そのあと礼拝を行い、お神酒が開栓されます。

祝辞奏上

お施主様が礼拝し、祝辞を奏上します

四方固め・謡三大の儀

東西南北中央のそれぞれに酒・米・塩を三度散じます。
そのあと出席者全員で謡三大を唄います

礼拝の儀

東西南北、祭壇の順に棟梁の掛け声で全員一斉に礼拝します

昇神・供え物下げの儀

再び祭壇の前で棟梁が礼拝を行い、お施主様そのご家族、ご親戚の健康と繁栄をまた、工事関係者の無事をお祈りし、出席者全員でお神酒を頂きます

さららハウス名物『お餅まき』

このあと、ご近所、ご近隣の皆様にもご参加いただき、お餅まきを開催します。
毎回たくさんの方々にお施主様へのお祝いに参加していただき、かなり珍しくなってしまったお餅まきをみんなに喜んでもらっています
TOPへ戻る